6.ケニアの天候は?

ケニアは東アフリカ にあり、インド洋に面し、赤道上に位置しています。ケニアは大きく分けると4つの地帯、半乾燥地帯、サバンナ草原、肥沃な低地と高地、海岸地方と地域によ りそれぞれ全く違う特色を持っています。ケニアへ訪れるほとんどの人は「ケニアは世界中で最も心地好い気候」と言われる程、暑くもなく寒くもない一年中春 と秋のような服装で過ごせます。雨期と乾期がありますが、雨も一日中降ることはほとんどなく、夕方から降りだし朝には止む、日中は青空が見えるという事を 繰り返します。赤道の北半球、南半球の違いを証明するデモンストレーションを見せる箇所がナイロビ以外の地方でナクル付近やケニア山付近のナキュキなどに あります。水が入っているバケツの中へ細い棒(楊枝でも)などを水の上に浮かすと、北または南に応じ、少しの場所の移動で、時計回りとその逆回りが見られ ます。ケニア山付近にあるホテル、マウント・ケニア・サファリクラブのホテル内の床には「北半球」と書かれたタイルと「南半球」と書かれたタイルを見つけ ることも出来、一歩踏むと、「北半球から南半球へ」というユニークな面白味を見せています。

服装の基本は、春秋 のスタイルで、カジュアルなズボン、スニーカー、テニスシューズ等をお勧めします。日によっては日中暑い(30度程)場合もありますので、半袖、ショーツ など、但し、朝夕は冷え込みます(5から10度程度)ので、ジャケット、靴下などが必要となり、スカーフ、薄手のマフラーなどがあると重宝されます。多く のホテルやロッジにはスイミング・プールがありますので、泳がれる方は水着、サンダルなども必要となります。タオルは宿泊先にバスルーム用、スイミング用 (リクエストにより)と用意されてあります。また海岸地方へ行かれる方は1年中泳げますので、夏の服装となります。