11.宿泊先はどのようなタイプがありますか?

 
大きく分け3、4種類のタイプがあります。   
     

サファリ・ロッジ・タイプ

 

公園や保護区内のサバン ナや森の中に100から200の客室があります。レストラン、ラウンジ、バー、スイミングプール、中にはゲームルーム(スニーカー、ビリヤード、卓球な ど)、ジャクジが付いているロッジもあります。各部屋にはティー・コーヒーが飲めるように電気ポット、貴重品を保管出来る小さな金庫、ヘアドライヤー等も あります。ロッジにより各部屋一つ一つが独立したコテージになっている所もあります。                                

 

 

kilaguni_1.jpg

grvl_1.jpg

  
 

豪華系テント型

 

各テントが一つ一つ独立しているタイプ。ロッジやサファリキャンプにより20から50テント部屋があり、各部屋内には、バスルーム、シャワー、トイレ、ドレッシングルームが付き、洋服が掛けれるようなワードローブもあります。コーヒーやティーが作れるように電気ポットが置いてあります。各テントの前や、ベランダには、くつろげるように椅子が置いてあり、中にはサンベッドなども用意してあるサファリキャンプもあります。敷地内には、レストラン、ラウンジ、バーなどもテント式で、サファリの雰囲気を醸し出そうとデザインされてあります。他、プールはほとんど付いています。中にはミニゴル フ、卓球(テーブルテニス)、バドミントンなども出来る所もあります。

 

 

mara_camp_1.jpg

mara_camp_2.jpg

  
 

テント・タイプ

 

ロッジによりテントがスタンダード・テントとクラブ・テントの両方がある所もあり、客室は20から100と、ロッジにより異なります。各テントにシャワールーム・トイレが付いています。

 

 

mara_simba_tent_1.jpg

voyager_ziwani_1.jpg

  
 

移動タイプのテント

 

キャンプサイトにテント、マットレスがあり希望の場所にテントを張ります。食事のための用具・調理はご自身で。トイレ・シャワーは共同。中にはテントが備え付けのキャンプサイトもあり、コックが料理してくれる所もあります。

 

 

camp_safari_3.jpg

camp_safari_4.jpg

     
市内のホテ ルのみでなく、国立公園や保護区内にある ロッジまたはテント型ロッジ、キャンプのいずれのタイプにしても、お部屋のご希望、例えばダブル1部屋(2名様)とトリプル3人用1部屋(3名様)、また は小さなお子様のいらっしゃる場合、エキストラベッドをツイン1部屋の中に追加するなど、ご希望に応じて手配いたします。