タッチケニアサファリ社のビジョン


赤道直下、真夏のイメージが強い東アフリカ・ケニア、そのイメージに反するかのように、ナイロビ国際空港を出ると、爽やかな風・心地良い空気にふれます。青空を眼にし、空港を後にすると、高速道路の左右にはサバンナが広がり、キリンが優雅に草原を歩いて行く姿が見ます。

空港の到着ゲートへお迎えにあがります。またはナイロビ市内のホテルよりピックアップし、ツアーの最初から最後まで、きめ細かなサービスをお届けします。

最高にフレンドリーなケニア人、「ジャンボ!(こんにちは!)」の挨拶に、 「ジャンボ!」と答えると、大きな笑顔が返って来るでしょう。朝、小鳥たちのさえずりが今でも聞こえてくる、大自然の中に咲く美しい木々や色とりどりの花々、新鮮な果物から搾り出したフレッシュ・ジュース、豊富なオーガニック野菜、食事がとても美味しく感じる・・・、そのような国、ケニア。先進国にはない人口では作り上げる事の出来ない生きていくために大切な「何か」を感じさせる、一度ケニアの地を踏むと再び訪れたくなる、生命力を大地から、人々から、大自然から感じさせる、素晴らしい想い出に残るような旅を満足していただけるようにお手伝いすることが私たちのビジョンです。旅の終わりには、ケニアから何かを得たような、大地アフリカの地を踏みしめたTOUCH KENYA 感性を抱かれることでしょう。