ボゴリア湖保護区


ナイロビより北西260kmにある広さ30平方kmの塩辛いアルカリ性のボゴリア湖は、二つの淡水川より水が流れてきています。また湖はナトリウム炭酸塩化 の濃度が高い多くの火山性の温泉を持つため、それがフラミンゴの好む海藻を増やす基となっています。年々数が減少しているフラミンゴが地球上で最も見ら れ、湖畔をピンクに染めます。湖畔の辺りには、あちらこちらに卵が5分で茹で上がってしまう間欠泉が見られ、訪れる人を魅了させています。フィッシュイー グル(海ワシ)やダチョウを含む多くの鳥の宝庫ともなっています。珍しいクデュや多種のモンキーも見られます。

lake_bogoria_5.jpg

       

lake_nakuru_national_park_15.jpg

ボゴリア湖2泊とナクル湖1泊 (3泊4日)         ボゴリア湖1泊とナクル湖1泊 (2泊3日)
 

宿泊先

レイク・ボゴリア・リゾート&スパ(ボゴリア湖)、サロバ・ライオンヒル・ロッジ、フラミンゴヒル・キャンプ、マイリ・サバ・キャンプ(ナクル)

 

上記に掲げたのは、あくまでも参考例です。ご希望の宿泊先、滞在日数に応じて手配させていただきます。またご予算に合わせ、お見積もりを送らせていただきます。お問い合わせは、 タッチ・ケニア・サファリまで。